極印元(読み)ゴクインモト

大辞林 第三版の解説

ごくいんもと【極印元】

江戸十組問屋仲間が大坂・江戸間の廻船の航海安全のために設けた役。船具などを点検して焼き印を打つ。船手極印元。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごくいん‐もと【極印元】

〘名〙 (「船手極印元」の略) 江戸十組問屋仲間が菱垣廻船の航海安全を期して設けた役。一航海ごとに船足や船道具を検査して焼印を打つもの。はじめ三組、のち四組となったので、それぞれ三極印元、四極印元ともいう。元祿七年(一六九四)設置。天保一三年(一八四二)の株仲間開放により廃止。
※菱垣廻船問屋規録(1855頃)「都合次第、極印元より石付船具之目録申受、出帆為致」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android