コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極嚢胞子虫類 きょくのうほうしちゅうるいCnidosporidia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極嚢胞子虫類
きょくのうほうしちゅうるい
Cnidosporidia

原生生物界胞子虫門に属する種類の総称。魚類両生類,カイコ,ミツバチなどの内臓や皮下組織に寄生して流行病を引き起こす。胞子は球形で,刺胞動物刺胞に似ている極嚢を 1~4個もつ。胞子が宿主の組織に達すると,中から胞種質が出て接合子を生じ,これがアメーバ状になって器官や組織内に入って栄養体となり,核分裂を繰り返して胞子細胞になる。胞子細胞は生殖核を 6個,体細胞核を 2個もち,体表から浸透によって宿主の栄養を吸収し,分散によって呼吸,排泄を行なっている。胞子が内部器官にある場合は,宿主の死後,組織が壊れた際に自由になって新しい宿主に伝染する。中間宿主を必要としない。刺胞動物のある種が寄生によって退化したもの,あるいは中生動物に類縁関係があるともいわれており,まだ完全に明らかにされていない類である。(→原生動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

極嚢胞子虫類の関連キーワード胞子虫類

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android