コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極嚢胞子虫類 きょくのうほうしちゅうるいCnidosporidia

1件 の用語解説(極嚢胞子虫類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極嚢胞子虫類
きょくのうほうしちゅうるい
Cnidosporidia

原生生物界胞子虫門に属する種類の総称。魚類両生類カイコミツバチなどの内臓や皮下組織寄生して流行病を引き起こす。胞子は球形で,刺胞動物刺胞に似ている極嚢を 1~4個もつ。胞子が宿主の組織に達すると,中から胞種質が出て接合子を生じ,これがアメーバ状になって器官や組織内に入って栄養体となり,核分裂を繰り返して胞子細胞になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone