コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極地航法 きょくちこうほう polar navigation

1件 の用語解説(極地航法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極地航法
きょくちこうほう
polar navigation

北極および南極付近の航行に使用される航空航法。両極付近では磁気コンパスはもちろん,北をさすように地球の自転軸に平行に設定されたジャイロコンパスもあてにならなくなること (→コンパス ) ,目標になる地形,地物がもともと乏しいうえに,氷山の移動などもあって,地文航法も使えないこと,さらに地図についても,メルカトル図法によるものはもちろん,ランベルト図法によるものも使いにくいことなど,航法上の困難が大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

極地航法の関連キーワード極地航空燃料航空法航空力学南極区管制塔極偏東風子午面ノットエンドーザブルノットリルータブル

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone