コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天測航法 てんそくこうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天測航法
てんそくこうほう

航海の際に天体位置を観測して船の位置を決定する航法。電波による誘導が普及する以前には遠洋航海には欠かせない技術で,飛行機もこれによって航路を定めた。たとえば,世界標準時のある時刻に,ある恒星天頂に見たとすると,船上の観測者の緯度はその恒星の緯度に等しく,経度は恒星の赤経と観測時刻の差で求められる。また,太陽と月のような2個の天体の高度を同時に観測しても位置が得られる。高度の測定には通常六分儀が用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の天測航法の言及

【航法】より

…船などでは沿岸での航法(沿岸航法という)の中心的な役割をこの地文航法にもたせている。天文航法は天測航法ともいい,天体の高度を測定して位置を決定することに基づいて,船および航空機などを移動させるときに用いるものである。電波航法は,基準点(局)から発信される電波を移動体において受信して位置を求めることを基本として,移動体を目的地に導くものである。…

※「天測航法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天測航法の関連キーワード南十字星水路情報航空航法極地航法天測

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android