楽邦文類(読み)らくほうもんるい(英語表記)Le-bang wen-lei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楽邦文類
らくほうもんるい
Le-bang wen-lei

中国,南宗の宗暁編。「らくほうぶんるい」とも読む。5巻。慶元6 (1200) 年頃成立。浄土に関するあらゆる種類の文献を編集してまとめたもので,220編あまりを 14門に類別している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楽邦文類
らくほうもんるい

中国、宋(そう)代の仏書。五巻。中国天台宗の僧、石芝宗暁(せきししゅうぎょう)(1151―1214)が、浄土教に関する経文、呪文(じゅもん)、偈頌(げじゅ)、詩詞を編集したもの。本書は、儒家の柳宗直(りゅうそうちょく)の『西漢文類(せいかんもんるい)』に倣ったものといわれ、『法華経(ほけきょう)』『無量寿経(むりょうじゅきょう)』の経文をはじめ、慧遠(えおん)の「念仏三昧(ねんぶつざんまい)詩序」、蘇軾(そしょく)の画「阿弥陀(あみだ)仏像偈(げ)」など、数多くの断簡を集めたもので、中国浄土教の研究のうえで貴重な資料といえる。この続編として、『楽邦遺稿』二巻がある。[池田魯參]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android