南宗(読み)なんしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南宗
なんしゅう

中国禅宗で,慧能の系統の禅宗をいう。中国禅は達磨を初祖として第五祖弘忍までは一直線に伝承されたが,弘忍門下から神秀,慧能の2人のすぐれた禅僧が出,禅の流れが2つに分岐した。慧能は弘忍から印可証明を得て法を継ぎ,衣鉢を受けて南の地域に行き,そこに禅を広めたので南宗禅という。神秀は弘忍のもとを去り,北の地域でみずから正しいとする禅を広めたので北宗禅という。南宗禅は「生活の禅」,北宗禅は「思索の禅」といえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

なんしゅう【南宗】

〔中国の江南地方に広まったことからいう〕
禅宗の一派。中国禅宗の第五祖弘忍の門から分かれた二派の一つで、唐の慧能えのうの系統をいう。日本の禅宗はすべてこれに属する。 ⇔ 北宗

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なん‐しゅう【南宗】

〘名〙
① 仏語。
(イ) 禅宗の一派。慧能(えのう)の系統をいう。その栄えた地に基づく名で、北宗が漸漸修証を主とするのに対して、南宗は頓悟成仏を主とする。日本に伝えられた禅宗はこの流派。南宗禅。南禅。
※神皇正統記(1339‐43)中「異朝には南宗の下に五家あり」 〔金剛経纂要刊定記‐四〕
(ロ) 江南の諸宗を江北の諸宗に対していう。〔法華玄義釈籤‐一九〕
※随筆・玉洲画題(1790)「南宗と申候は、古の王公士大夫及高人雅士の画報にて御座候」 〔莫是龍‐画説〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の南宗の言及

【画論】より

…この時代はおおむね文人画主流の時代であり,文人画論は,銭選の隷体論,倪瓚(げいさん)の逸筆草草論,何良俊の利家・行家論を経て,明末の莫是竜・董其昌の南北宗論に至り極まった。南北宗論は,中国絵画を南宗と北宗に分け,南宗の正統性を論じたが,南宗はまた文人画でもあった。この説はひじょうに流行し,以後の画論はことごとくこれを踏襲し,倣古形式主義を醸成したが,石濤《苦瓜和尚画語録》はこれを批判し,逆に独創を主張した。…

※「南宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android