コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南宗 なんしゅう

3件 の用語解説(南宗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南宗
なんしゅう

中国禅宗で,慧能の系統の禅宗をいう。中国禅は達磨を初祖として第五祖弘忍までは一直線に伝承されたが,弘忍門下から神秀,慧能の2人のすぐれた禅僧が出,禅の流れが2つに分岐した。慧能は弘忍から印可証明を得て法を継ぎ,衣鉢を受けて南の地域に行き,そこに禅を広めたので南宗禅という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なん‐しゅう【南宗】

中国禅宗の一派。唐の慧能(えのう)が開き、主として中国江南地方に行われた。日本の禅宗はこの系統。南禅。
南宗画」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なんしゅう【南宗】

〔中国の江南地方に広まったことからいう〕
禅宗の一派。中国禅宗の第五祖弘忍の門から分かれた二派の一つで、唐の慧能えのうの系統をいう。日本の禅宗はすべてこれに属する。 ↔ 北宗

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の南宗の言及

【画論】より

…この時代はおおむね文人画主流の時代であり,文人画論は,銭選の隷体論,倪瓚(げいさん)の逸筆草草論,何良俊の利家・行家論を経て,明末の莫是竜・董其昌の南北宗論に至り極まった。南北宗論は,中国絵画を南宗と北宗に分け,南宗の正統性を論じたが,南宗はまた文人画でもあった。この説はひじょうに流行し,以後の画論はことごとくこれを踏襲し,倣古形式主義を醸成したが,石濤《苦瓜和尚画語録》はこれを批判し,逆に独創を主張した。…

※「南宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南宗の関連キーワード下郷運動花石綱江南弥生時代松坂マットカラートールペインティング痩西湖江南糸竹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南宗の関連情報