コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榊原照久 さかきばら てるひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榊原照久 さかきばら-てるひさ

1584-1646 江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)12年生まれ。榊原清政の次男。徳川家康の家臣。慶長12年父の跡をつぎ,駿河(するが)(静岡県)久能城をまもる。家康の死後,その棺(ひつぎ)が久能山におさめられると,遺命により東照宮の祭祀(さいし)をつかさどった。正保(しょうほ)3年8月7日死去。63歳。初名は清久。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

榊原照久の関連キーワード安土桃山時代(年表)井上正継メイナール小林義信テルボルフイワンウィレム宮本武蔵イワン池田恒興

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android