コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榊原清政 さかきばら きよまさ

1件 の用語解説(榊原清政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榊原清政 さかきばら-きよまさ

1546-1607 戦国-江戸時代前期の武士。
天文(てんぶん)15年生まれ。徳川家康の家臣で,家康の子信康(のぶやす)を補佐した。信康の死後,弟の榊原康政(やすまさ)のもとで上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)ですごす。のち家康により3000石をあたえられ,駿河(するが)(静岡県)久能城城番をつとめた。慶長12年5月2日死去。62歳。通称は七郎右衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

榊原清政の関連キーワード一和浦輪内侍岡本実貞覚定菊岡卜一鏡尼栗本清忠日野輝子松平定頼万無

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone