コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榊原清政 さかきばら きよまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榊原清政 さかきばら-きよまさ

1546-1607 戦国-江戸時代前期の武士。
天文(てんぶん)15年生まれ。徳川家康の家臣で,家康の子信康(のぶやす)を補佐した。信康の死後,弟の榊原康政(やすまさ)のもとで上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)ですごす。のち家康により3000石をあたえられ,駿河(するが)(静岡県)久能城城番をつとめた。慶長12年5月2日死去。62歳。通称は七郎右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

榊原清政の関連キーワードアグリコラ(Georgius Agricola)表千家総合年表(アメリカ)ベンティボリオ足利義晴ペドロ=バウチスタクウェート宗教改革史(年表)千道安千道安

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone