コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榎本弥左衛門 えのもと やざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榎本弥左衛門 えのもと-やざえもん

1625-1686 江戸時代前期の商人。
寛永2年生まれ。関東一円で塩やたばこの商売をいとなんだ武蔵(むさし)川越(埼玉県)榎本家の4代目。自分の体験・見聞したことをしるした「万之覚(よろずのおぼえ)」と,子孫をいましめた「三子(みつご)より之覚」をかきのこした。貞享(じょうきょう)3年死去。62歳。名は忠重。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

榎本弥左衛門
えのもとやざえもん
(1625―1686)

江戸前期の商人。武蔵(むさし)国川越(かわごえ)(埼玉県川越市)の人。商売の中心は、江戸で関西方面からの下り塩を買い付け川越藩に納めるほか、川越や近在で小売人を通じて売りさばく塩仲買業。商業活動と相続争いを通じて家永続についての強い意識をもつようになり、利欲を積極的に肯定した家職(かしょく)論などを展開した。近世前期の庶民の書き記した日記類がほとんど残存していないなかで、弥左衛門の日々のメモ『万(よろず)の覚(おぼえ)』と子孫のために記した『三子(みつご)よりの覚(おぼえ)』は、ともに貴重な史料になっている。[奈倉哲三]
『『川越市史 史料編 近世』(1977・川越市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

榎本弥左衛門 (えのもとやざえもん)

生年月日:1625年10月8日
江戸時代前期の武蔵国川越の豪商
1686年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

榎本弥左衛門の関連キーワード榎本弥左衛門覚書玉川庄右衛門生年月日下り塩

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android