構造派(読み)こうぞうは(英語表記)structural rationalism

  • こうぞうは コウザウ‥

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

19世紀末のゼツェッション運動に続いて起った,近代建築運動の一派。建築の合理的な構造を,装飾や付加物でおおい隠すことなく,積極的な表現としようとするもので,O.ワーグナー,A.ロースら,オーストリア,ドイツの建築家たちによって主張された。先駆的には 19世紀後半の,ロンドンの水晶宮,パリのエッフェル塔などがあげられるが,20世紀に入ると,T.ガルニエ,P.ベーレンス,E.フレシネなど,各国の建築家たちがおのおの独自に発展させており,特定の一流派というより,合理的構造を強調する建築家の総称と考えられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 近代建築家のグループの一つ。一九世紀後半~二〇世紀前半にかけて、鉄、ガラス、コンクリートなどの新しい建築材料を用いて合理的・科学的構造体を造ろうとしたものの呼称。ベーレンス、ペレー兄弟、ガルニエ、フレシネ、メラールなど。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

構造派の関連情報