構造派(読み)こうぞうは(英語表記)structural rationalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構造派
こうぞうは
structural rationalism

19世紀末のゼツェッション運動に続いて起った,近代建築運動の一派。建築の合理的な構造を,装飾や付加物でおおい隠すことなく,積極的な表現としようとするもので,O.ワーグナー,A.ロースら,オーストリア,ドイツの建築家たちによって主張された。先駆的には 19世紀後半の,ロンドンの水晶宮,パリのエッフェル塔などがあげられるが,20世紀に入ると,T.ガルニエ,P.ベーレンス,E.フレシネなど,各国の建築家たちがおのおの独自に発展させており,特定の一流派というより,合理的構造を強調する建築家の総称と考えられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうぞう‐は コウザウ‥【構造派】

〘名〙 近代建築家のグループの一つ。一九世紀後半~二〇世紀前半にかけて、鉄、ガラス、コンクリートなどの新しい建築材料を用いて合理的・科学的構造体を造ろうとしたものの呼称。ベーレンス、ペレー兄弟、ガルニエ、フレシネ、メラールなど。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

構造派の関連情報