コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造派 こうぞうはstructural rationalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構造派
こうぞうは
structural rationalism

19世紀末のゼツェッション運動に続いて起った,近代建築運動の一派。建築の合理的な構造を,装飾や付加物でおおい隠すことなく,積極的な表現としようとするもので,O.ワーグナー,A.ロースら,オーストリア,ドイツの建築家たちによって主張された。先駆的には 19世紀後半の,ロンドンの水晶宮,パリのエッフェル塔などがあげられるが,20世紀に入ると,T.ガルニエ,P.ベーレンス,E.フレシネなど,各国の建築家たちがおのおの独自に発展させており,特定の一流派というより,合理的構造を強調する建築家の総称と考えられるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報