槍鉋(読み)やりがんな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

槍鉋
やりがんな

木材を削る工具。台がなく,槍の穂先に似ているのでこの名がある。先端が三角形になり,その両縁に刃をつけて,少しそりをもたせてある。突くようにして木材を削り,平面に仕上げる。朝鮮の遺跡から鉄製のものと青銅製のものが出ているが,日本のものはすべて鉄製。室町時代以前は唯一のであったが,台鉋 (だいがんな) の伝来で姿を消した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やり‐がんな【××鉋/×鐁】

《「やりかんな」とも》反った槍の穂先のような刃に長い柄を付けた鉋。突くようにして削る。室町時代に台鉋が現れるまで広く用いられ、今日では桶・たんす作りで使う前鉋がこの一種

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やりがんな【槍鉋】

鉋の一種。槍の穂先に似た刃に長い柄を付けたもの。中世末に台鉋だいがんなが出現するまでは「かんな」と呼ばれていた。桶屋の間に「まえがんな」として残る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やり‐がんな【槍鉋・

〘名〙 (「やりかんな」とも) 鉋の一種。身が槍の穂先のようになっていて、わずかに反りをもたせた鉄製品。室町後期に台鉋ができる前のものをいう。それ以前はただ鉋といった。やり。
※俳諧・毛吹草(1638)一「鑓一 やり梅 やりかんな等の内に又一」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android