コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

槍鉋 やりがんな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

槍鉋
やりがんな

木材を削る工具。台がなく,槍の穂先に似ているのでこの名がある。先端が三角形になり,その両縁に刃をつけて,少しそりをもたせてある。突くようにして木材を削り,平面に仕上げる。朝鮮の遺跡から鉄製のものと青銅製のものが出ているが,日本のものはすべて鉄製。室町時代以前は唯一のであったが,台鉋 (だいがんな) の伝来で姿を消した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やり‐がんな【××鉋/×鐁】

《「やりかんな」とも》反った槍の穂先のような刃に長い柄を付けた鉋。突くようにして削る。室町時代に台鉋が現れるまで広く用いられ、今日では桶・たんす作りで使う前鉋がこの一種

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やりがんな【槍鉋】

鉋の一種。槍の穂先に似た刃に長い柄を付けたもの。中世末に台鉋だいがんなが出現するまでは「かんな」と呼ばれていた。桶屋の間に「まえがんな」として残る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

槍鉋の関連キーワード赤坂今井墳墓原の辻遺跡瓢箪山古墳木工具大工桶屋民家

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

槍鉋の関連情報