槍鱮(読み)ヤリタナゴ

デジタル大辞泉の解説

やり‐たなご【××鱮】

コイ科の淡水魚全長約10センチ。体高がやや高く、扁し、口ひげは長い。体色は青みがかった銀白色。産卵期のは、えらぶたから体側にかけて赤紅色、面が黒色婚姻色を示す。日本産タナゴ類の中で分布が最も広く、本州四国九州湖沼河川にみられる。冬に美味。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やりたなご【槍鱮】

コイ目の淡水魚。全長4~9センチメートル。体形はフナに似る。産卵期、雌は産卵管が伸び、カラスガイなど二枚貝の鰓えらに産卵する。すずめ焼きや佃煮つくだにとする。冬の釣魚。北海道・青森を除く各地の河川・湖沼に分布。マタナゴ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

槍鱮 (ヤリタナゴ)

学名:Acheilognathus lanceolatus
動物。コイ科の淡水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やり‐たなご【槍鱮】

〘名〙 コイ目コイ科の淡水魚。全長一〇センチメートルに達する。日本産のタナゴ類では最も普通で、体高がやや低いため細長く見える。北海道と南九州をのぞく各地の河川や湖沼にすむ。春の産卵期には雄の婚姻色が鮮やかで、が青緑色、腹が紅色を呈する。マツカサガイなどに托卵する。冬に美味。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android