コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樋口竜温 ひぐち りゅうおん

1件 の用語解説(樋口竜温の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樋口竜温 ひぐち-りゅうおん

1800-1885 江戸後期-明治時代の僧。
寛政12年4月生まれ。真宗大谷派。東本願寺の高倉学寮で徳竜にまなび,近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺,京都智積(ちしゃく)院などに遊学。のち京都円光寺の住職となる。明治18年7月12日死去。86歳。陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)出身。字(あざな)は雲解。号は香山院。著作に「愚禿鈔(ぐとくしょう)講義」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

樋口竜温の関連キーワードインド哲学定率減税水俣病第1次訴訟辛酉教獄正祖勢道政治ドルトン吉雄耕牛濃尾平野プロレスリング

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone