コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樋渡雄七 ひわたし ゆうしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樋渡雄七 ひわたし-ゆうしち

1827-1887 江戸後期-明治時代の和算家。
文政10年生まれ。肥前小城(おぎ)郡(佐賀県)の庄屋の家に生まれ,樋渡家の養子となる。江戸の長谷川弘(ひろむ)の門で数学,天文暦法をまなび,小城藩の会計掛と算学指南役をつとめた。廃藩後は中学校などの教師。明治20年死去。61歳。本姓は古賀。名は重政。号は洋鳳子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

樋渡雄七の関連キーワード明治時代和算家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android