コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小城藩 おぎはん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小城藩
おぎはん

肥前国(佐賀県)、小城に置かれた佐賀藩の支藩。領主鍋島(なべしま)氏7万3250石。鍋島直茂(なおしげ)が隠居(いんきょ)分として領していた定米1万3063石余の地を、1617年(元和3)その子勝茂(佐賀藩主)の長男元茂が相続し、藩内に自立的に所領をつくったことに由来する。当初、直茂より83人、勝茂より77人の家臣を譲られ、これが家臣団の中軸をなした。佐賀本藩では、1683年(天和3)に「三家格式」が定められ、3家(小城、蓮池(はすのいけ)、鹿島(かしま)の3支藩)は隠居、家督、官位、参勤などについては、本藩の承認が必要とされた。それゆえ、支藩ではあるが、本藩の規制を強く受けて自立できず、藩法も本藩のものが基礎となり、大庄屋(おおじょうや)も本藩の任命であった。年貢担当の石庄屋、夫役(ぶやく)担当の点役庄屋の2庄屋が置かれた。藩校は1787年(天明7)に興譲館(こうじょうかん)が設けられたが、武士の子弟のみの入館で、嫡子は15歳より24歳の間に寄宿舎に入り、食費は藩で賄った(二男以下は半額を自弁)。税制も本藩とほぼ同じで、地米(じまい)といわれる徴租体制がとられ、これが給高や村高を表す場合の基準になった。戊辰(ぼしん)戦争には本藩の佐賀藩とともに東征した。
 廃藩置県によって小城県になり、のち伊万里(いまり)県に併合された。この伊万里県が佐賀県となった。[長野 暹]
『『小城町史』(1974・小城町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小城藩の言及

【小城[町]】より

…鎌倉初期から御家人の千葉氏が支配し,室町時代には千葉城が築かれた。江戸時代は佐賀藩の支藩小城藩(7.3万石)の城下町として栄え,藩邸や藩校興譲館が置かれた。小城藩の庭園〈自楽園〉は現在,小城公園となっており,桜,ツツジの名所として知られ,市街地にも城下町の面影が残っている。…

※「小城藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小城藩の関連キーワード菊池 常三郎小城[町]小城(市)徳見 知敬酒井雄三郎波多野敬直納富介次郎菊池 篤忠牛津[町]鍋島 直虎鍋島直能松田正久樋渡雄七中野初子肥前国星巌寺肥前藩興譲館牛津伊賀

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小城藩の関連情報