権利能力無き社団(読み)ケンリノウリョクナキシャダン

デジタル大辞泉の解説

けんりのうりょくなき‐しゃだん【権利能力無き社団】

社団としての実体を備えているが、法人格を有さず、権利義務の帰属主体となることができない団体。町内会・PTA・同好会・同業者団体・慈善団体や、法人格を取得していない学会・マンション管理組合・労働組合、設立中の会社など。人格の無い社団。→権利能力無き財団
[補説]団体としての組織を備え、多数決原則が行われ、構成員が変更しても団体が存続し、代表の方法・総会の運営・財産の管理など団体として主要な点が確定していることが成立要件とされる。代表者・管理者の定めがあるものは、訴訟の当事者となることができ、収益事業を営む場合は法人税の納税義務が生じる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android