コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山好子 よこやま よしこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山好子 よこやま-よしこ

1873-1907 明治時代の社会事業家。
明治6年生まれ。上京して東京慈恵医院で看護法などをまなぶ。明治34年神田に矯正看護婦会を組織して看護婦を養成。日露戦争時には軍人遺族保護会をもうけ,私財を投じて軍人遺児を養育した。東北飢饉(ききん)でも凶作地の子供をたすけた。明治40年3月4日死去。35歳。山口県出身。同志社女学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

横山好子の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android