コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山泰三 ヨコヤマタイゾウ

3件 の用語解説(横山泰三の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よこやま‐たいぞう〔‐タイザウ〕【横山泰三】

[1917~2007]漫画家。高知の生まれ。横山隆一の弟。痛烈な政治・社会風刺を得意とし、高い評価を得た。代表作は毎日新聞の連載「プーサン」、朝日新聞の連載「社会戯評」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

横山泰三【よこやまたいぞう】

漫画家。高知県生れ。横山隆一の弟。武蔵野美術学校に学び,第2次大戦後漫画家として出発。1950年雑誌《ホープ》に描いた風俗漫画が猥褻(わいせつ)画として摘発される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山泰三 よこやま-たいぞう

1917-2007 昭和後期-平成時代の漫画家。
大正6年2月28日生まれ。横山隆一の弟。昭和25年から「プーサン」を「毎日新聞」に連載,幾何学的な描線と社会風刺によって注目され,29年菊池寛賞を受賞し,映画にもなった。29年から平成4年まで「朝日新聞」に1コマ風刺漫画「社会戯評」をかいた。平成19年6月10日死去。90歳。高知県出身。帝国美術学校(現武蔵野美大)中退。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の横山泰三の言及

【漫画】より

…伊藤逸平主宰の漫画雑誌《Van》が創刊された。加藤芳郎,横山泰三,手塚治虫など新しい世代の漫画家があらわれた。独特の筆づかいで清水崑(こん)(1912‐74)が海外にまで迎えられたのもこの時代である。…

※「横山泰三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

横山泰三の関連キーワードアルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧エクアドルの要覧エジプトの要覧オマーンの要覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

横山泰三の関連情報