コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山隆一 よこやまりゅういち

6件 の用語解説(横山隆一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横山隆一
よこやまりゅういち

[生]1909.5.17. 高知
[没]2001.11.8. 神奈川
漫画家。生糸商の長男として生れる。漫画家横山泰三の兄。中学校卒業後漫画をかき,1928年彫刻家,素山白雲の門下となる。 32年,近藤日出造小山内龍らと「新漫画派集団」を結成。 36年,『朝日新聞』に連載した『江戸ッ子健ちゃん』は,その副主人公のほうが人気が出て,第2次世界大戦後『フクちゃん』として『毎日新聞』に 56~71年まで連載,日本漫画史上最長連載を記録した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よこやま‐りゅういち【横山隆一】

[1909~2001]漫画家。高知の生まれ。横山泰三の兄。昭和初期から漫画の地位向上に努めた牽引役の一人。かわいらしい絵柄とほのぼのとしたタッチで人気を集め、「フクちゃん」は戦前、戦後にわたり新聞に連載され、六大学野球早慶戦では、早稲田大学マスコットとしても親しまれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

横山隆一【よこやまりゅういち】

漫画家。高知県生れ。横山泰三の兄。岡本一平に師事して漫画を学び,また欧米の漫画形式を吸収して日本の漫画界に新風を吹きこんだ。1932年新漫画派集団(第2次大戦後漫画集団と改称)を設立。
→関連項目近藤日出造漫画

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山隆一 よこやま-りゅういち

1909-2001 昭和-平成時代の漫画家。
明治42年5月17日生まれ。横山泰三の兄。昭和7年近藤日出造,杉浦幸雄らと新漫画派集団(現漫画集団)を結成。11年から「朝日新聞」に連載の「江戸ッ子健ちゃん」は「フクちゃん」とあらためられ,戦後は「毎日新聞」にひきつがれて46年までつづいた。アニメーション映画も製作。平成6年文化功労者。平成13年11月8日死去。92歳。高知県出身。高知城東中学卒。作品はほかに「デンスケ」「百馬鹿」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

よこやまりゅういち【横山隆一】

1909(明治42)‐
漫画家。高知県生れ。1928年,川端画学校に学び,このころから《アサヒグラフ》《新青年》などに漫画を描き出し,32年に近藤日出造,杉浦幸雄らと新しい感覚によるナンセンス・マンガをめざして〈新漫画派集団〉(第2次大戦後の〈漫画集団〉の前身)を結成。36年《朝日新聞》に《江戸っ子健ちゃん》を連載,その作中の副主人公である養子のフクちゃんが人気を得て,以後《フクちゃん》ものとしてひきつがれる。これは戦後の56年に《毎日新聞》に移り,71年終了まで5534回を重ね,日本漫画史上最初のロングランとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横山隆一
よこやまりゅういち
(1909―2001)

漫画家。高知市生まれ。城東中学校卒業。東京美術学校の受験に二度失敗後、郷里の先輩にあたる彫刻家本山白雲(もとやまはくうん)の内弟子になる。その間『マンガマン』誌などに漫画を投稿していると、白雲に漫画家となることを勧められ堤寒三の門に入る。やがて岡本一平門下の近藤日出造(ひでぞう)、杉浦幸雄(ゆきお)らとも知り合うようになり、1932年(昭和7)近藤、杉浦らと「新漫画派集団」を結成。同集団はナンセンス漫画をマスコミ各紙誌に売り込むことで漫画界の主流になっていく。1936年1月、『朝日新聞』に『江戸ッ子健ちゃん』を連載。脇役(わきやく)のフクちゃんの人気が高いため、同年10月より『養子のフクちゃん』としてスタート、フクちゃんブームがおこり、中村メイコ主演で映画化されるほどだった。この作品は、かけ出し時代の長谷川町子に大きな影響を与えた。第二次世界大戦後は『デンスケ』(毎日新聞)、『百馬鹿(ひゃくばか)』(漫画サンデー)などの作品を生み、『フクちゃん』も『毎日新聞』に1956年から1971年まで連載された。1955年ごろから「おとぎプロ」を設立してアニメーション映画も製作した。また、戯画油彩画の個展を何回も開催している。1994年(平成6)文化功労者。
 実弟の横山泰三(たいぞう)(1917―2007)も『プーサン』(毎日新聞・週刊新潮)や、1954年より『朝日新聞』に連載の『社会戯評』で知られ、戦後漫画の改革者の一人である。[清水 勲]
『横山隆一著『百馬鹿』(小学館文庫) ▽横山隆一著『隆一コーナー』(1982・六興出版) ▽『隆一画集』(1987・かまくら春秋社) ▽横山隆一著『横山隆一・わが遊戯的人生』(1997・日本図書センター) ▽横山泰三著『プーサン』(小学館文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横山隆一の関連キーワード青地秀太郎戸田玉秀川端茂章川端玉雪加藤芳郎小島功荻原賢次佐藤泰治松本かつぢ川端画学校

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

横山隆一の関連情報