コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横瀬貞氏 よこせ さだうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横瀬貞氏 よこせ-さだうじ

1397-1422 室町時代の武将。
応永4年生まれ。新田義宗の子といわれる。相模(さがみ)(神奈川県)藤沢の清浄光(しょうじょうこう)寺の他阿上人の弟子となったが,応永23年還俗(げんぞく)。横瀬氏の娘と結婚し横瀬貞氏を名のる。上杉禅秀の乱に足利持氏に属して功をたて,上野(こうずけ)(群馬県)新田郡をあたえられた。応永29年11月1日死去。26歳。通称は新六郎。号は了阿弥,呑嶺。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

横瀬貞氏の関連キーワード寺尾憲清室町時代(年表)シャルル[6世]ヘンリー[6世]マサッチョシャルル6世ヘンリー6世マサッチョシャルル6世ハングル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android