コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横瀬貞氏 よこせ さだうじ

1件 の用語解説(横瀬貞氏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横瀬貞氏 よこせ-さだうじ

1397-1422 室町時代の武将。
応永4年生まれ。新田義宗の子といわれる。相模(さがみ)(神奈川県)藤沢の清浄光(しょうじょうこう)寺の他阿上人の弟子となったが,応永23年還俗(げんぞく)。横瀬氏の娘と結婚し横瀬貞氏を名のる。上杉禅秀の乱足利持氏に属して功をたて,上野(こうずけ)(群馬県)新田郡をあたえられた。応永29年11月1日死去。26歳。通称は新六郎。号は了阿弥,呑嶺。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

横瀬貞氏の関連キーワードシャルル[6世]ヘンリー[6世]マサッチョTHAADサード待機児童と未入所児シャルル日朝カクストン版シャルル[7世]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone