コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横瀬貞氏(読み)よこせ さだうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横瀬貞氏 よこせ-さだうじ

1397-1422 室町時代の武将。
応永4年生まれ。新田義宗の子といわれる。相模(さがみ)(神奈川県)藤沢の清浄光(しょうじょうこう)寺の他阿上人の弟子となったが,応永23年還俗(げんぞく)。横瀬氏の娘と結婚し横瀬貞氏を名のる。上杉禅秀の乱に足利持氏に属して功をたて,上野(こうずけ)(群馬県)新田郡をあたえられた。応永29年11月1日死去。26歳。通称は新六郎。号は了阿弥,呑嶺。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android