コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横路孝弘(読み)よこみちたかひろ

百科事典マイペディアの解説

横路孝弘【よこみちたかひろ】

政治家。北海道生れ。東大卒。弁護士になるが,父節雄の急死により,1969年日本社会党から衆議院議員。若手論客として外交問題などで活躍。1983年北海道知事選に出馬し,市民団体などの支援を受けて24年ぶりの革新道政を樹立。1995年知事を退き,1996年10月民主党から立候補して国政復帰。母は野呂栄太郎の妹。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横路孝弘 よこみち-たかひろ

1941- 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和16年1月3日生まれ。横路節雄の次男。弁護士をへて昭和44年社会党から衆議院議員に初当選。47年沖縄返還交渉の外務省秘密文書を暴露。58年無党派層の「勝手連」などの支援をうけて北海道知事に当選,3期つとめる。平成8年民主党から衆議院議員に復帰(通算当選12回)。11年党副代表。17年衆議院副議長。21年衆議院議長。北海道出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横路孝弘の関連情報