コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橅・山毛欅 ぶな

大辞林 第三版の解説

ぶな【橅・山毛欅】

ブナ科の落葉高木。温帯の山地に生えて時に純林をつくる。樹皮は灰色で滑らか。葉は卵形で波状の鋸歯がある。雄花は短い尾状花序に密につき、雌花は総苞に包まれて二個内外つく。堅果(どんぐり)は三角錐形で、軟らかいとげのある総苞に包まれ、一、二個ずつつく。材は細工物・家具などとする。日本では九州から北海道南部にかけて分布する。シロブナ。ソバグリ。ソバノキ。ブナノキ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

橅・山毛欅の関連キーワードソバノキ細工物ブナ科堅果純林

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android