橉木(読み)りんぼく

精選版 日本国語大辞典「橉木」の解説

りん‐ぼく【橉木】

〘名〙 バラ科の常緑高木。関東以西の山地の常緑林中に生える。高さ約五メートル。樹皮は黒褐色。葉は短柄をもち長楕円形または倒卵形で長さ約五センチメートル内外。先端は尾状にとがりは波状となる。秋、葉腋に白い小さな五弁花を房状に密生。果実は広卵形、翌春黒熟する。材は器具用。樹皮は薬袋紙を染めるのに使う。ひいらぎがし。かたざくら。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「橉木」の解説

りん‐ぼく【×橉木】

バラ科の常緑小高木。暖地の林内に自生。樹皮は桜に似る。葉は長楕円形で主脈が太く、縁が波打つが、若木では鋭いぎざぎざがある。秋、白い小花を穂状につけ、長い雄しべが目立つ。翌年5月ごろに黒い実を結ぶ。かたざくら。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「橉木」の解説

橉木 (リンボク)

学名Prunus spinulosa
植物。バラ科の常緑高木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android