コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬袋紙 ヤクタイシ

3件 の用語解説(薬袋紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やくたい‐し【薬袋紙】

主に、薬を入れる包み紙の材料とされた紙。ガンピ、または、ガンピとコウゾを混ぜたもので漉かれ、キハダで染められる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やくたいし【薬袋紙】

薬袋の材料とした和紙。雁皮がんぴと楮こうぞの繊維を混合した、丈夫で緻密な紙質のもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薬袋紙
やくたいし

かつての生薬(しょうやく)を入れた袋の材料とした和紙。この名は室町時代以降一般化したようで、1603年(慶長8)刊の『日葡(にっぽ)辞書』にも採録されている。薬袋紙には緻密(ちみつ)な紙質が要求されるため、ガンピ(雁皮)、あるいはこれとコウゾ(楮)を混合した繊維で漉(す)かれ、キハダ(黄蘗)で染められる。土佐国(高知県)産の赤褐色のものが「本こげ」の名で最高級品とされ、摂津国(兵庫県)名塩(なじお)産の黄褐色のものがこれに次いだ。また、そのじょうぶさと雅趣が好まれて、書物の表紙や敷物に用いられることもあった。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薬袋紙の関連キーワード腰文薬箱包み小間紙桐油紙鬢長揉み紙薬袋折形箪笥

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone