橋口伝蔵(読み)はしぐち でんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「橋口伝蔵」の解説

橋口伝蔵 はしぐち-でんぞう

1831-1862 幕末武士
天保(てんぽう)2年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島士。江戸安井息軒にまなび,藩の記録所書記となる。有馬新七らと京都伏見の寺田屋に集結中,文久2年4月23日島津久光が派遣した奈良原喜八郎()らに殺された(寺田屋事件)。32歳。名は兼備

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android