コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸塚静海 とつかせいかい

6件 の用語解説(戸塚静海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸塚静海
とつかせいかい

[生]寛政11(1799).遠江,掛川
[没]1876.1.29. 東京
江戸時代後期の蘭方医。名,維泰。号,春山。静海は通称。医家に生れ,宇田川榛斎の流れをくむ箕作阮甫 (みつくりげんぽ) に師事,また儒学を松崎慊堂に学び,文政6 (1823) 年,P.シーボルトについて医学を修めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とつか‐せいかい【戸塚静海】

[1799~1876]幕末・明治初期の蘭医。遠州掛川の人。法印。宇田川榛斎(しんさい)シーボルトに医学を学ぶ。江戸で開業し、神田お玉が池種痘所開設に参加。のち幕府奥医師となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸塚静海 とつか-せいかい

1799-1876 江戸時代後期の蘭方医。
寛政11年生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)の人。宇田川玄真,シーボルトにまなび,江戸で外科を開業。薩摩(さつま)鹿児島藩江戸詰め藩医をへて,安政5年幕府奥医師となる。神田お玉ケ池の種痘所の開設にかかわった。文久2年法印。明治9年1月29日死去。78歳。名は維泰。字(あざな)は藻徳。号は春山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

戸塚静海

没年:明治9.1.29(1876)
生年:寛政11(1799)
幕末の蘭方医。幕府奥医師。遠江国(静岡県)掛川生まれ。別名秦輔,維春,藻徳。幼時掛川で松崎慊堂に漢学を,十束井斎に蘭医学を学ぶ。文政3(1820)年江戸の宇田川玄真に蘭医学を学び,4年後長崎でシーボルトの鳴滝塾にまっ先に入門した。シーボルト事件(1828)に連座して一時獄につながれたが,許されてのち天保3(1832)年掛川藩主太田家に仕え,翌年江戸で外科を開業。天保13年薩摩藩の江戸詰藩医となる。安政5(1858)年83名の蘭方医で神田お玉ケ池に種痘所を創設,同時に蘭医方も講じた。同年将軍徳川家定の病が重く,蘭方医としてはじめて将軍侍医となり,のち奥医師となって将軍家茂,慶喜にも仕えた。<参考文献>富士川游『日本医学史』

(土屋重朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とつかせいかい【戸塚静海】

1799~1876) 江戸末期の蘭方医。遠州掛川の人。シーボルトに師事。神田お玉が池種痘所設立に参加。幕府奥医師となり法印。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸塚静海
とつかせいかい
(1799―1876)

幕末期の蘭方(らんぽう)医。遠江(とおとうみ)国(静岡県)掛川(かけがわ)の町医戸塚維義(隆珀・培翁)の三男。名は維泰、字(あざな)は藻徳、号は春山。通称を春輔・亮斎といい、のち静海。漢学を松崎慊堂(こうどう)に、蘭学を伯母婿十束井斎(とつかせいさい)(1783―1843)に学ぶ。1820年(文政3)江戸へ出て宇田川榛斎(しんさい)に入門、その勧めで1824年長崎の吉雄権之助(よしおごんのすけ)(1785―1831)の塾へ入り、またシーボルトにも5年間学ぶ。シーボルト事件に連座し、高良斎(こうりょうさい)らとともに3か月入牢(にゅうろう)。出牢して後進の指導にあたる。1831年(天保2)帰郷後江戸へ出て開業、また松本良順らを指導した。1842年薩摩(さつま)藩主島津斉彬(なりあきら)の侍医。神田(かんだ)お玉が池の種痘所設立に参加。1858年(安政5)幕府奥医師となり、将軍徳川家定の治療にあたる。1862年(文久2)法印に叙せられ、静春院を称した。同年ボードインの来日を機に彼に学び、外科・産科に優れた。将軍徳川家茂(いえもち)・慶喜(よしのぶ)にも仕え、伊東玄朴(げんぼく)・坪井信道(しんどう)とともに蘭方の三大家とよばれた。1875年(明治8)シーボルト記念碑建立(現、長崎市諏訪(すわ)公園)にあたり伊藤圭介(けいすけ)と幹事を務めた。著作に『静海上府日記』『シーボルト処方録』など。明治9年1月29日没。墓は東京都台東(たいとう)区谷中(やなか)天王寺にある。[末中哲夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸塚静海の関連キーワード林洞海静岡県磐田市見付伊東貫斎柏原学而遠田澄庵十束井斎西玄哲林研海蘭方医蘭方医学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone