コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋村正身 はしむら まさのぶ

1件 の用語解説(橋村正身の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋村正身 はしむら-まさのぶ

1714-1771 江戸時代中期の神職,国学者。
正徳(しょうとく)4年3月6日生まれ。伊勢神宮外宮(げくう)権禰宜(ごんのねぎ)。神典,国学,漢学に通じていた。子に荒木田久老(ひさおゆ)。明和8年6月22日死去。58歳。本姓は度会(わたらい)。字(あざな)は整卿。通称は主計,左兵衛。号は沼樹園。著作に「中臣祓辞(なかとみのはらえことば)古訓」「神名帳(じんみょうちょう)考証再考」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

橋村正身の関連キーワードハノーバー朝アン奈良屋茂左衛門ジョージ[1世]アン富士田吉治富士田吉次(初代)上野(沖縄県)お蔭参り山岡浚明

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone