コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木田久老 あらきだ ひさおい

7件 の用語解説(荒木田久老の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

荒木田久老

江戸中・後期の国学者。伊勢山田の人。度会正身の子。名は正董、号は五十槻園、通称は主税。賀茂真淵の門。荒木田久世の嗣子となり、内宮権禰宜に補せられる。文化元年(1804)歿、59才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あらきだ‐ひさおゆ【荒木田久老】

[1746~1804]江戸後期の国学者・歌人。伊勢内宮の神官。号、五十槻園(いつきぞの)。賀茂真淵(かものまぶち)に学び、のち、同門の本居宣長と対立。著「万葉考槻の落葉」「日本紀歌解」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木田久老 あらきだ-ひさおゆ

1747*-1804 江戸時代中期-後期の神職,国学者,歌人。
延享3年11月21日生まれ。橋村正身(まさのぶ)の次男。安永2年荒木田久世の養子となり,のち伊勢内宮権禰宜(ごんのねぎ)をつぐ。賀茂真淵(かもの-まぶち)の門にまなび「万葉集」の研究に業績をあげた。文化元年8月14日死去。59歳。初名は正恭,正董。通称は弥三郎,主税。別号に五十槻園(いつきのその)。著作に「信濃漫録」,家集「槻の落葉歌集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

荒木田久老

没年:文化1.8.14(1804.9.17)
生年:延享3.11.21(1747.1.1)
江戸中期の国学者,歌人。本姓度会。初名正恭。主税,主殿,斎と称す。号五十槻園。荒木田久世の養子となって伊勢内宮権禰宜に補せられる。従四位下。明和2(1765)年に江戸へ下って賀茂真淵に入門,『日本書紀』の歌謡や『万葉集』の研究に導かれて業績を残す。この分野では『日本紀歌解槻乃落葉』や『万葉考槻落葉』が代表的著作である。久老は大和,河内,信濃と古代の遺跡を求めて行脚したり,京大坂の国学者と親交を結んだりと,1カ所にとどまることなく行動範囲を広げ,その性格から多くの知友・門人に恵まれたが,論証の緻密さの点で本居宣長らに一歩譲る。しかしその意欲的な著作には注目すべきものが多い。家集に『槻落葉歌集』がある。<参考文献>神宮司庁編『荒木田久老歌文集並伝記』

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あらきだひさおい【荒木田久老】

1746‐1804(延享3‐文化1)
江戸後期の国学者。伊勢神宮権禰宜。本姓橋村,名は正恭(まさやす),通称弥三郎。号は五十槻園(いつきのその)。賀茂真淵に従学し,伊勢では本居宣長と並称された。豪放不羈(ふき)な性格で,日々遊興を事としながら,その間も研鑽を怠らず,学者としてよく一家をなした。主著に師の《万葉考》に次いで著された《万葉考槻落葉(つきのおちば)》をはじめ,《日本紀歌之解》《竹取翁歌解》等があり,また《祝詞考》等,真淵の著作の校訂出版にも力を注いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あらきだひさおゆ【荒木田久老】

1746~1804) 江戸後期の国学者・歌人。伊勢内宮の神職。号、五十槻園いつきのその。賀茂真淵に学び、万葉風の和歌をよくした。著「万葉考槻落葉」「日本紀歌解」、家集「槻落葉歌集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒木田久老
あらきだひさおい

[生]延享3(1746)
[没]文化1(1804).8.14.
江戸時代後期の国学者,歌人。伊勢内宮の神官。幼名正恭,のち久老,五十槻園 (いつきのその) と号す。賀茂真淵の門に入り,国学を学び,ことに『万葉集』を研究。伊勢において本居宣長とともに古典研究家として重きをなした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒木田久老の関連キーワード檜垣貞盈戒言加藤直蔭徳川宗武名倉安興橋村正令加茂季鷹喜早清在高田武泰檜垣貞度

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone