コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘元景 たちばな もとかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘元景 たちばな-もとかげ

1776-1847 江戸時代後期の医師。
安永5年生まれ。京都の小林順堂にまなび,さらに橘南谿に師事して橘姓をゆるされた。帰郷して阿波(あわ)(徳島県)勝瑞(しょうずい)で開業した。弘化(こうか)4年11月10日死去。72歳。阿波出身。本姓は浦。字(あざな)は子張。号は春庵,遊仙。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

橘元景の関連キーワードアメリカ史チュルゴー蕪村マルクス経済学ベリンスキーリベリアゴローブニン上田秋成ゴローニングアテマラ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android