コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊仙 ゆうせんyóu xiān

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうせん【遊仙 yóu xiān】

中国で,神仙世界を遊歴することをいう。天上の神界への遊歴はまず辞賦文学のかっこうの題材として取り上げられた。《楚辞》遠遊は,憂悶に閉ざされた詩人の魂が天上世界に飛翔し,神々のもとを歴訪してその苦衷を訴えるという雄大かつ幻想的な作品として,遊仙をテーマとする文学の原型をなす。辞賦が最も盛行した漢代では,司馬相如の〈大人賦〉や張衡の〈思玄賦〉などが代表的作品で,壮麗な辞句を連ねた天上世界の描写を特徴とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

遊仙の関連キーワード漿を乞いて酒を得る川柳(5代)続浦島子伝記荒木田麗女好色一代女咸鏡北道全唐詩逸森 守明荒木田麗大伴旅人遊仙窟万葉集遣唐使月切り橘元景浄因寺異苑伝奇張鷟郭璞

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android