コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林順堂 こばやし じゅんどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林順堂 こばやし-じゅんどう

1755-1826 江戸時代中期-後期の医師。
宝暦5年4月4日生まれ。京都で皆川淇園(きえん)に儒学を,小林方秀(ほうしゅう)に医学をまなび,方秀の養子となる。名医の世評がたかく,文化3年(1806)朝廷の医員となった。法眼。文政9年3月4日死去。72歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。本姓は田淵。名は淑。字(あざな)は子慎。号は亀渓。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林順堂の関連キーワードハウフ忠海鶴屋南北須田官蔵(初代)アダムズクルップビニー内館元右衛門メイランクルップ