コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘安麻呂 たちばなの やすまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘安麻呂 たちばなの-やすまろ

739-821 奈良-平安時代前期の官吏。
天平(てんぴょう)11年生まれ。橘奈良麻呂の子。内蔵頭(くらのかみ),備前守(びぜんのかみ)をへて,播磨守(はりまのかみ)となる。大同(だいどう)2年伊予(いよ)親王事件により縁戚(えんせき)ゆえに解任されたが,嵯峨(さが)天皇即位の翌年には復帰,のち正四位上にすすむ。弘仁(こうにん)12年7月11日死去。83歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

橘安麻呂の関連キーワードターヒル朝ターヒル朝保義可汗ターヒル朝相沢礼子増水亜由未金城公主2006年全国映画概況Google Pixelユニバーサル・スタジオ・ジャパン

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android