コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘安麻呂 たちばなの やすまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘安麻呂 たちばなの-やすまろ

739-821 奈良-平安時代前期の官吏。
天平(てんぴょう)11年生まれ。橘奈良麻呂の子。内蔵頭(くらのかみ),備前守(びぜんのかみ)をへて,播磨守(はりまのかみ)となる。大同(だいどう)2年伊予(いよ)親王事件により縁戚(えんせき)ゆえに解任されたが,嵯峨(さが)天皇即位の翌年には復帰,のち正四位上にすすむ。弘仁(こうにん)12年7月11日死去。83歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android