コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘家円太郎(6代) たちばなや えんたろう

1件 の用語解説(橘家円太郎(6代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘家円太郎(6代) たちばなや-えんたろう

1861-? 明治-昭和時代前期の落語家。
文久元年10月生まれ。はじめは初代三遊亭遊三の門人で小遊三,ついで公園を名のる。4代橘家円蔵の弟子となり,大正6年6代円太郎を襲名した。本名は鈴木定太郎。通称は富山(とみやま)町。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

橘家円太郎(6代)の関連キーワード桂春団治(初代)桂三木助(2代)三遊亭円右(2代)三遊亭円生(5代)三遊亭円遊(5代)春風亭柳枝(7代)談洲楼燕枝(2代)林家正蔵(6代)三升家小勝(5代)若柳吉蔵(初代)