コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘屋又三郎 たちばなや またさぶろう

2件 の用語解説(橘屋又三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘屋又三郎 たちばなや-またさぶろう

?-? 戦国時代の貿易商人。
堺の人。種子島に滞在,八板金兵衛(やいた-きんべえ)(?-1570)から鉄砲製造技術を習得。堺にかえり,鉄砲の製造と販売をおこない「鉄砲又(また)」の異名をとった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橘屋又三郎
たちばなやまたさぶろう

生没年不詳。戦国時代の和泉(いずみ)国堺(さかい)(大阪府堺市)の商人。1543年(天文12)ポルトガル人が種子島(たねがしま)に鉄砲を初めて伝えた。島主種子島時堯(ときたか)は二挺(ちょう)の鉄砲を買い取るとともに、製作技術と火薬製法を家臣に学ばせた。その後、紀伊根来(ねごろ)寺の僧杉坊明算(すぎのぼうみょうさん)が製法を修得し生産を始めたが、又三郎も鉄砲製法を入手するため種子島を訪れ、一両年滞在して八板清定(やいたきよさだ)より製法技術を学び、堺に帰って大掛りに鉄砲製造と販売を行った。そのため「鉄砲又」と異名をとり、堺の鉄砲業者の中心となり、堺を全国有数の鉄砲産地とした。[橋詰 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橘屋又三郎の関連キーワード貿易商青木秀平神谷主計神谷寿禎砂糖屋総左衛門鈴木保兵衛宗性春大黒屋助左衛門湯川宣阿余参

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone