橘良基(読み)たちばなの よしもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘良基 たちばなの-よしもと

825-887 平安時代前期の官吏。
天長2年生まれ。橘安吉雄(あきお)の子。貞観(じょうがん)6年伊予権介(いよのごんのすけ),11年常陸(ひたちの)介,のち越前守(えちぜんのかみ),丹波守,信濃(しなのの)守をつとめた。民政に意をもちい,みずから清貧にあまんじて良吏といわれた。仁和(にんな)3年6月8日死去。63歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

橘良基

没年:仁和3.6.8(887.7.2)
生年:天長2(825)
平安前期の官人。父は摂津守安吉雄。従四位上。剛直な性格で,大宰大弐正躬王から下僚の少監となることを請われたが拒否したことで文徳天皇の怒りを買い,解官された。しかし次の清和天皇のときふたたび登用され,常陸,越前,信濃守を歴任し,農耕を勧め,租税や課役を軽減する一方,みずからは清貧にあまんじ,任期終了時には他の国司のような蓄財はなかったという良吏の典型。信濃守時代,罪人(坂名井子縄麻呂)を放免したことで京に召還され,罪状未決のまま他界,家には財産らしきものがなく,在原行平絹布喪家に贈って葬儀を援助したという。

(朧谷寿)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

橘良基の関連情報