コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機内迷惑行為 きないめいわくこうい

2件 の用語解説(機内迷惑行為の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

機内迷惑行為

航空機内のトイレでの喫煙や、客室乗務員へのセクハラ行為などを指す。これらの機内迷惑行為を防ぐため、50万円以下の罰金刑を盛り込んだ改正航空法が2003年7月に成立、04年1月に施行された。対象となるのは、(1)トイレでの喫煙、(2)携帯電話の使用、(3)客室乗務員の保安業務に支障が出るようなセクハラ行為、(4)シートベルトサイン点灯時のベルト未着用、(5)手荷物を所定の位置に収容しない、などの行為。口頭で注意しても乗客が従わない場合、客室乗務員は機長名の命令書を手渡し、それでも乗客が迷惑行為をやめない際は機長が無線で到着地の警察当局に連絡、身柄を引き渡す。悪質な乗客には50万円以下の罰金を科す。国内航空会社で作る定期航空協会によると、暴言や酩酊、喫煙といった機内迷惑行為は、法施行後に減少傾向に入った。従来の航空法でも機長による拘束権限を認めていたが、実際に警察に要請や拘束した例は1%未満。航空業界から罰則を伴う法規制を求める声が高まっていた。

(平栗大地 朝日新聞記者 / 松村北斗 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きないめいわくこうい【機内迷惑行為】

航空機内で乗客が行う、運行上の安全を阻害する行為の総称。航空法により規定される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

機内迷惑行為の関連キーワード共同運航便客室乗務員コードシェア便機内食キャビンアテンダント乗務員フライトアテンダント機内検疫ステライルコックピットイグジットロウ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone