コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛田北渚 くしだ ほくしょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

櫛田北渚 くしだ-ほくしょ

1815-1872 江戸後期-明治時代の儒者。
文化12年10月22日生まれ。櫛田琴山(きんざん)の子孫。筑前(ちくぜん)福岡藩士。江戸で古賀侗庵(どうあん)に師事し,長崎で華音(中国語)をまなぶ。慶応元年藩校修猷館(しゅうゆうかん)の督学・教授となった。明治5年4月4日死去。58歳。名は駿。字(あざな)は千里。通称は駿平。編著に「続通鑑綱目弁解」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

櫛田北渚の関連キーワードラ・ファリーナオブレノビチ家ミロシュ・オブレノビチ清水喜助日本郵便制度史(年表)国家連合ルイ[18世]オイレンブルクシュタインハルデス

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android