コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛田菊潭(読み)くしだ きくたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

櫛田菊潭 くしだ-きくたん

1720-1772 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)5年生まれ。櫛田琴山(きんざん)の長男。筑前(ちくぜん)福岡藩につかえ,寛延元年と宝暦13年の2度,朝鮮通信使の接待役をつとめた。明和9年9月21日死去。53歳。名は彧。字(あざな)は文哉。通称は作八。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる