コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫟原踅斎 くぬぎはら せっさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

櫟原踅斎 くぬぎはら-せっさい

いちいはら-せっさい

櫟原踅斎 いちいはら-せっさい

1723-1800 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)8年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)垂井(たるい)の人。京都の久米訂斎(くめ-ていさい)にまなび,帰郷して学舎明倫堂をつくり教授となる。合田恒斎(ごうだ-こうさい)があとをついだ。寛政12年1月2日死去。78歳。名は篤好。通称は主佐。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone