コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欣子内親王 よしこないしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

欣子内親王 よしこないしんのう

新清和院(しんせいわいん)

欣子内親王 きんしないしんのう

?-? 鎌倉-南北朝時代,後醍醐(ごだいご)天皇の皇女。
母は藤原為子,あるいは参議藤原実俊の娘。戦乱の世をきらって出家し,京都嵯峨(さが)の今林にすみ,今林尼衆とよばれた。和歌にすぐれ,「風雅和歌集」「新千載和歌集」「新続古今和歌集」などの勅撰集に9首おさめられている。号は鷲尾。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

欣子内親王の関連キーワード南北朝時代光格天皇新清和院盛化門院

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android