コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欣子内親王 よしこないしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

欣子内親王 よしこないしんのう

新清和院(しんせいわいん)

欣子内親王 きんしないしんのう

?-? 鎌倉-南北朝時代,後醍醐(ごだいご)天皇の皇女。
母は藤原為子,あるいは参議藤原実俊の娘。戦乱の世をきらって出家し,京都嵯峨(さが)の今林にすみ,今林尼衆とよばれた。和歌にすぐれ,「風雅和歌集」「新千載和歌集」「新続古今和歌集」などの勅撰集に9首おさめられている。号は鷲尾。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

欣子内親王の関連キーワード南北朝時代光格天皇新清和院盛化門院

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android