コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清和院 セイワイン

デジタル大辞泉の解説

せいわ‐いん〔‐ヰン〕【清和院】

京都市上京区にある真言宗智山派の寺。平安時代初期に文徳天皇が正親町(おおぎまち)の南に仏心院を建立したのに始まり、のち清和天皇落飾、入寺して改称。室町時代に焼失したが、のち現在地に再興された。清和井(せがい)院。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいわいん【清和院】

京都市上京区七本松にある真言宗智山派の寺。仁寿年間(851~854)文徳天皇が皇后染殿のために創建した仏心院に始まる。清和天皇が譲位後入山し、現在名に改称。清和井せがい院。勢賀院。感応寺。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清和院
せいわいん

京都市上京(かみぎょう)区一観音(いちかんおん)町にある真言宗智山(ちざん)派に属する寺。古くは勢賀院(せかいん)ともいい、感応(かんおう)寺と号した。本尊は延命地蔵(じぞう)。平安初期に文徳(もんとく)天皇が染殿后妃のために仏心(ぶっしん)院を建立したのに始まり、ついで清和(せいわ)天皇が照空(しょうくう)を召して開山とし、当寺で落飾して清和院と改称、当寺に多くの高僧を招いて大斎会(だいさいえ)を行い、『法華経(ほけきょう)』を講じさせた。のち皇子親王の住院となって発展したが、室町時代、応仁(おうにん)(1467~69)・享禄(きょうろく)(1528~32)の兵火のため焼失し、1661年(寛文1)現在地に復興された。[勝又俊教]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

清和院の関連キーワード真言宗智山派1月24日官子内親王欣子内親王峰 専治新清和院土肥典膳地下家伝清和井院福岡孝茂大浦荘七観音感応寺六門隆栄

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android