コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川国直 うたがわ・くになお

朝日日本歴史人物事典の解説

歌川国直

没年:安政1.6.28(1854.7.22)
生年寛政5(1793)
江戸末期の浮世絵師。寛政7(1795)年生まれとも。信濃の生まれで姓は吉川,俗称は鯛蔵,のちに四郎兵衛戯作者の春亭三暁は兄。初代歌川豊国の門人で,為永春水人情本など主に小説挿絵の分野で活躍した。

(大久保純一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の歌川国直の言及

【浮世床】より

式亭三馬作。歌川国直画。2編4冊。…

【春色辰巳園】より

…人情本。為永春水作,歌川国直画。初編1833年(天保4),2編34年,3・4編35年刊。…

※「歌川国直」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

歌川国直の関連キーワード歌川国直(初代)仮名文章娘節用花暦八笑人春色辰巳園浮世風呂春告鳥浮世床没年

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android