コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川国貞(初代) うたがわ くにさだ

1件 の用語解説(歌川国貞(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

歌川国貞(初代) うたがわ-くにさだ

1786-1865* 江戸時代後期の浮世絵師。
天明6年生まれ。初代歌川豊国の門人。文政12年「偐紫(にせむらさき)田舎源氏」の挿絵で評判をよぶ。天保(てんぽう)15年2代(実は3代)豊国を名のる。役者絵,美人画,合巻挿絵に才能を発揮。幕末を代表する絵師で,もっともおおくの作品をのこした。元治(げんじ)元年12月15日死去。79歳。江戸出身。姓は角田。通称は庄蔵。別号に一雄斎,五渡亭,香蝶楼,一陽斎など。代表作に「大当狂言内」「星の霜当世風俗」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

歌川国貞(初代)の関連キーワード文康葛飾北目葛飾雷周清谷等舟斗雷ならや伊八文浪森川保之嶺斎泉里

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone