コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川国輝(2代) うたがわ くにてる

1件 の用語解説(歌川国輝(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

歌川国輝(2代) うたがわ-くにてる

1830-1874 幕末-明治時代の浮世絵師。
天保(てんぽう)元年生まれ。3代歌川豊国の門人で,はじめ2代国綱を名のる。開化絵で知られた。明治7年12月15日死去。45歳。姓は山田。通称は国次郎。別号に一雄斎,一曜斎,曜斎。作品に「東都築地ホテル館之図」「上州富岡製糸場」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

歌川国輝(2代)の関連キーワード民衆を導く自由の女神ブルボン朝シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎天童藩強制栽培制度

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone