コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌曲源流 かきょくげんりゅう

1件 の用語解説(歌曲源流の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かきょくげんりゅう【歌曲源流】

朝鮮,李朝末期の歌集。一名,《海東楽章》または《青丘楽章》とも。哲宗・高宗朝(1850‐1906)の歌人,朴孝寛とその弟子,安玟英が共同で編集,1876年刊。《青丘永言》(1728),《海東歌謡》(1763)とともに三大歌集とされる。高麗末から当時までの時調および歌辞などをおさめる。従来の歌譜には歌唱のための順序や名称がなかったが,本書では羽調,界面調などの曲別に分け,さらに各譜の高低長短の標を付す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の歌曲源流の言及

【楽譜】より

…歌詞の右側に種々の記号を付して,音の高低や旋律の細かい動きを記すが,精密な記譜法ではなく演奏者の記憶を助ける程度のものである。朴孝寛・安玟英編《歌曲源流》(1875)などの声楽曲の楽譜に用いられた。(7)井間譜 唯一の定量記譜法であり,縦の1行を細かく横線で区切って1ますに1拍を当て,律字譜や五音略譜,合字譜,肉譜などを記すものである。…

※「歌曲源流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

歌曲源流の関連キーワード一進会韓国事大党千載和歌集李朝李朝実録一名志濃夫廼舎歌集開化派守旧派

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone