コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌曲源流 かきょくげんりゅう

世界大百科事典 第2版の解説

かきょくげんりゅう【歌曲源流】

朝鮮,李朝末期の歌集。一名,《海東楽章》または《青丘楽章》とも。哲宗・高宗朝(1850‐1906)の歌人,朴孝寛とその弟子,安玟英が共同で編集,1876年刊。《青丘永言》(1728),《海東歌謡》(1763)とともに三大歌集とされる。高麗末から当時までの時調および歌辞などをおさめる。従来の歌譜には歌唱のための順序や名称がなかったが,本書では羽調,界面調などの曲別に分け,さらに各譜の高低長短の標を付す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の歌曲源流の言及

【楽譜】より

…歌詞の右側に種々の記号を付して,音の高低や旋律の細かい動きを記すが,精密な記譜法ではなく演奏者の記憶を助ける程度のものである。朴孝寛・安玟英編《歌曲源流》(1875)などの声楽曲の楽譜に用いられた。(7)井間譜 唯一の定量記譜法であり,縦の1行を細かく横線で区切って1ますに1拍を当て,律字譜や五音略譜,合字譜,肉譜などを記すものである。…

※「歌曲源流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android