(読み)よろこび

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「歓」の解説

よろこび【歓】

沖縄の泡盛。マイルドな味わいの一般酒。原料はタイ米、黒麹。アルコール度数25%。蔵元の「識名酒造」は大正7年(1918)創業戦禍を免れた150年ものの沖縄最古の古酒を所有するとしても有名。所在地は那覇市首里赤田町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

精選版 日本国語大辞典「歓」の解説

かん クヮン【歓】

〘名〙 よろこび。たのしみ。よしみ。親睦
※文華秀麗集(818)上・春日左将軍臨況〈勇山文継〉「灑掃荊扉風久、尊卑礼隔未歓」
※想実論(1890)〈石橋忍月〉五「小詩人は凡俗一時の歓を買はんと欲して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android