コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正宗雅敦 まさむね まさあつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正宗雅敦 まさむね-まさあつ

1789-1838 江戸時代後期の国学者,狂歌師。
寛政元年生まれ。狂歌を梅廼家(うめのや)空丸,石川雅望(まさもち)に,和歌を三木元春,長治祐義に,俳諧(はいかい)を八千房駝岳(はっせんぼう-だがく)にまなぶ。狂歌は五側判者。画もよくした。弟に正宗直胤(なおたね)。天保(てんぽう)9年5月26日死去。50歳。備前(岡山県)出身。通称は経蔵。号は唐樹園南陀羅,亀嶺など。著作に「朝顔百首狂歌集」「伊勢(いせ)日記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

正宗雅敦の関連キーワード国学者狂歌師

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android