コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

せんぼう せんぼう

大辞林 第三版の解説

せんぼう

江戸時代、操り人形・浄瑠璃の世界で、隠語のこと。通言。せんぼ。 「『せんぼとか-とかいふものだね』『さんしよとも云やす』/滑稽本・浮世床 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

せんぼうの関連キーワードエレクトラ・コンプレックス膵臓のしくみとはたらき高瀬舟(森鴎外の小説)怒りをこめてふり返れ去勢コンプレックス王塚古墳〈富山県〉南山城(村)酒垂山満福寺二年間の休暇南山城[村]タチハイゴケ千坊山遺跡群座敷わらし今昔物語集ペニス羨望五竹庵木僊八千房一肖慢性膀胱炎顕示的消費オレーシャ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

せんぼうの関連情報