コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正宗直胤 まさむね なおたね

美術人名辞典の解説

正宗直胤

幕末の歌人。備前生。通称は柳吉、号は柳廼舎・梅園・竹泉亭等。狂歌を石川雅邦、俳諧を八千房、画を武田五峯に学ぶ。のち藤井高尚・本居大平について和歌を修めた。門人多数。文久2年(1862)歿、63才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正宗直胤 まさむね-なおたね

1800-1862 江戸時代後期の国学者。
寛政12年生まれ。正宗雅敦(まさあつ)の弟。藤井高尚(たかなお),本居大平,加納諸平(もろひら)に国学,和歌を,石川雅望(まさもち)に狂歌をまなぶ。俳諧(はいかい),画もよくした。文久2年1月15日死去。63歳。備前(岡山県)出身。通称は隅田屋柳平。号は柳廼舎,梅園,六石園飯持,亀卜など。著作に「土佐日記書入」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

正宗直胤の関連キーワード国学者

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android