コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正準方程式 せいじゅんほうていしきcanonical equation

1件 の用語解説(正準方程式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正準方程式
せいじゅんほうていしき
canonical equation

ハミルトンの正準運動方程式ともいう。解析力学において,ハミルトン関数 H(qipit) から導き出された次の運動方程式をいう。 ここで qi は一般座標,pi は一般運動量,t は時間,f は自由度である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の正準方程式の言及

【ハミルトン関数】より

…通常正準座標q1,q2,……,qfとそれに対する正準運動量p1,p2,……,pfおよび時間tの2f+1個の独立変数の関数としてH(p1……pf,q1……qf,t)のように表されるものをハミルトン関数という。運動法則はこれを用いることにより,と書き表される(この方程式を正準運動方程式,あるいは単に正準方程式という)。例えば質点mの一方向の運動方程式,は,ハミルトン関数,から正準方程式,によって導かれることを見るのは容易である。…

※「正準方程式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone